遺品整理業者に頼む方法について詳しく解説しています。
  1. 遺品整理を不用品回収業者に頼んでいい?専門業者とどう違う?

遺品整理不用品回収業者に頼んでいいの?

遺品整理を不用品回収業者に頼んでいいの?

少子高齢化によって自宅を引き継ぐ人がいなかったり、遺品整理をする人がいなかったりで、業者のニーズは増えています。そのため、不用品回収業者でも遺品整理サービスを行うところが増えているんです。ここではそれらの違いや注意点をご紹介します。

不用品回収と遺品整理の違い

不用品回収と遺品整理の違い

そもそも、遺品整理と不用品回収では何が違うのでしょうか?どちらも不用品の処分という意味では同じような気がしますが、具体的には以下のような違いがあります。

①仕分け作業
不用品回収の場合は、「いるものといらないものを分け、いらないものを回収してもらう」、という作業が発生します。
しかし遺品整理の場合は、「故人の思い出として取っておく形見とそうでないもの」という仕分け作業になります。
②貴重品の探索
遺品整理では、仕分け作業を進める中で、相続に必要な書類や実印、通帳といった貴重品の探索も同時に行います。
③廃棄物の適正な処理
廃棄物は、自治体のルールに従って適切に処分されます
④お焚き上げ
処分するものの中に、神棚や人形など「そのまま処分するには気が引けるもの」がある場合、お焚き上げ供養を行います。

業者によってはリサイクル・リユースできるものは買い取ったり、自動車や保険などの手続きを代行してくれたりすることもあります。また不用品回収業者でも、遺品整理サービスを提供している業者なら同様のサービスが受けられます。

遺品整理専門業者に依頼したほうがいいケース

遺品整理専門業者に依頼したほうがいいケース

遺品整理・処分は、遺族でも時間をかければ行うことができるでしょう。では、遺品整理専門業者に依頼したほうがいいケースというのは、どのようなものなのでしょうか?

①特殊清掃が必要な場合
亡くなった後、気付かれずに数日経ってしまった場合には、血液や体液、細菌による汚れ・異臭などが発生していることがあります。これらを清掃・消臭するのが特殊清掃です。
作業員は防護服を身につけ、細菌による二次感染対策を万全にしてから作業に入ります。床や壁の表面をキレイにしただけでは臭いは消えないため、臭いの元となる床材や壁紙をはがす作業を行うことも。
特殊清掃が必要になる場合は、緊急性が高いことが多いです。
②不動産整理が必要な場合
遺品整理が終了した後に残るのが家、つまり不動産ですね。その家にもう誰も住まない場合や遺産分割のために早めの不動産処分を行いたい場合など、遺品整理後の不動産の処分が必要なことも。
遺品整理専門業者であれば、解体や売却、リフォームなどの検討・実施・手続き代行を行ってくれます。

なお、最近では不用品回収業者でもこれらの業務を行っていることがあります。

遺品整理の際の注意点

遺品整理の際の注意点

遺品整理を自分で行うにしても業者に頼むにしても、主に注意しておきたいことが2つあります。

①期限の決められた手続きは早めに
手続きの中には、賃貸物件の退去期限や相続税の申告期限など、契約上で期限が決められているものがあります。目安としては半年程度ですが、その頃になってもまだ遺品整理に着手できない場合は、専門業者に依頼してしまうのも一つの方法です。
②親族や相続人とのトラブル
故人の遺品として形見分けしてほしいものは、人によって違うでしょう。またあったはずの貴重品などが見つからないと、「盗んだのでは…」とあらぬ疑いをかけられてしまうことも。事前に相続物に関する具体的な取り決めを行い、必ず親族や相続人が全員揃ったところで遺品整理を行うようにしてください。

遺品整理を行うタイミングの目安としては、親族が集まり、かつ区切りの良い四十九日や百日法要、一周忌後などがいいですね。個人が勝手に遺品整理を始めてしまうと、親族間トラブルに発展しやすいので気を付けましょう。

また相続を放棄する場合は、遺品整理に手を付けてはいけません。遺品整理をスタートすると、「相続の意志あり」と判断されますので注意が必要です。

関連記事

きらきラッコ
ページのトップへ